読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副詞

東京:2014.08.14

旅行

高速バスに乗って東京駅へ。高速バスでは後ろに人がいなかったので座席を少し下げて寝ていた。
東京駅着。8時過ぎだったのでまだラジオ会館はやっていない。お腹が空いたので蕎麦屋で中華蕎麦を食べた。半熟玉子はおいしい。
秋葉原にとりあえず行ってみたがまだ9時すぎなのでシャッターの閉まったお店が大半だった。
店が開くまで暇なのでネットカフェで会員登録して時間を潰す。まだこれから行くところを決めてなかったのでネットで検索して美術館に行くことに決める。1時間ほど滞在して450円だった。
10時になったのでラジオ会館をうろつく。ドールのお店と、カードゲームのことが気になっていたのでその辺も見た。
ドールはやはり持っていると幸せになるものなのだと思う。服を選んだり素体を選んだり。お気に入りのうちの子を作り上げるのだ。で、写真を撮りまくる。
カードゲームの店では200万円という値段がついていた品物があってカードゲームスゲーって思った。試しに15枚入りのを買ってみたけどうっかりしていて英語だった。慣れていないのであんまり読めない。スリーブも買ったのでとりあえずそれに入れておいた。デッキ入れも買った。対戦する人いなくてもカードゲームがしたい!したいの!
上野の国立西洋美術館に行く、指輪展をまず見た。指輪物語の影響か、指輪は力の象徴だと感じる。権力のある人が宝石や貴金属で飾られた指輪をつけているイメージがまずある。
あれは魔力+10だとか、あれは水属性攻撃力+20だなって思いつつも展示を見た。
男根を模した指輪があったのでよく見ておいた。
お守りとして文字を彫り込んだ指輪とか宝石に彫刻をした指輪とかカメオの指輪とか毛髪を埋め込んだ指輪があった。
ブロンズでもいいからお守りみたいな指輪が欲しいなあと思った。
ミュージアムショップで指輪が売っていたのでかなり欲しくなったけどいったいいつ付けるんだと思ってなんとか買うのを耐えた。あれは罠だと思う。
5000円でも展示の指輪を観たら安く思える。
国立科学博物館にも近くだったのでついでに行った。太古の哺乳類展というのをやっていたのでそれを見た。深海展ほど混んでいなかった。
昔の生き物の骨があった。石川とか福井とか香川とか沖縄で見つかったものらしい。
鹿の骨とかウサギの骨を写真に撮った。
土産屋ではポストカードとゴム製のミニフィギュアを買った。
国立新美術館ではバレエ・リュスのコスチューム展とついでにオルセー美術館展というのを見た。
コスチューム展はデザインが素敵な服がいろいろあった。昔はもっと鮮やかな色をしていたのだなあと思った。
オルセー展は人がいっぱいいてあんまりよく見られなかった。けど笛を吹く少年の絵は見ておいた。やっぱり美術館はそんなに人がいないなかでゆっくりと作品を見たい。
最後にサンシャイン水族館に行った。
猛毒展は人がいっぱいいて見られなかった。
一人で行ったのだけれどカップルとか家族連れがほとんどだった。わ〜お魚さんかわい〜、とかなのだろうか。わからない。
私はインスマウスとか拘禁反応のことを思いつつも写真を撮ってミッションちゃんみたいな気分になっていた。
1000円くらいでよく調整された水槽の綺麗な魚たちを鑑賞できるので水族館は良い場所だ。爬虫類とか哺乳類もいるぞ!
アザラシが二匹いたのだけれど片方はフンなのか餌の残りなのかよくわからないものをずっといじくっていた。
アシカは丸い水槽をずっとグルグル泳いでいた。
ペンギンは陸でじっと動かなかった。
キツネザルは寝ていた。
トカゲもじっとしていたり寝ていたけれど爬虫類はあんまり動かないイメージがある。