読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副詞

日記

今日の業務は少しだけ手伝いをしたほかはインターネット閲覧だった。インターネットで私と同じような障害を持っている人の書き込みを見ていたのだけれど、みんなそれぞれ違う理由で苦しそうだった。
職業とか年齢も見てたけど、いろんな職種の人がいろんな年齢の人がいた。

この障害がある限りはつらいことだらけなのだろうか、幸せには生きられないのだろうか。生まれつきの障害なので生まれた時から不幸なのだろうか。私はつらいよ、ありきたりな言葉だけど自己実現できてないのがつらいよ。私は欠陥品で人間じゃないと思えてくるよ。私は人間のできそこないだ。

なんで障害を持って生まれてきてしまったのだろう。親は健常者なのに。けど、妹も言葉が遅れてた時期あったしそういう遺伝子を親が持ってたのかもね。じゃあ子供産まないでほしかったな。生殖は致死性の伝染病だよ。

人と関わりたいという気持ちは持っているけど、それが迷惑にならないのか心配である。ほんとはみんなあいつなんかと関わりたくないと思ってるかもしれない。もしくはあの人となんだか関わりたくないなーと思ってるかもしれない。関わって自分が求めていた回答を得られるとは限らないのだ。それがこわい。要は勇気がないんでしょ、自己責任だよ。

けど、さびしいよ。もっと人と関わりたいっていう気持ちは持っているんだ。人と関わって楽しめたらなーっていう希望を持っているんだ。だけど勇気がないんだ。要は勇気がないんでしょ、自己責任だよ。

サプリメントとか医者にもらった頓服飲んでるけどやっぱり仕事から帰ったあとは疲れてる。体が動かない。医者が頼れないんならサプリメントでなんとかするしかない。障害に効果があるサプリメントを飲めばいいのだろうか。それとも障害の二次障害に効くサプリメントを飲めばいいのだろうか。両方を少しずつ試していこうと思う。それで楽になるんならそれでいい。

もっと自分のしたいことに努力しないといけないよね。けど努力してない。ここで努力してないって言うことで努力してない自分をなあなあのままで肯定したいんでしょ。努力しないのはただのクズだし未来が閉ざされていくよ。努力しづらい理由もあるんだけどね。