読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副詞

ボドゲ会

ボドゲ会行ってきた。

今回は外国人の人とその子供(5歳くらい?)が来ていた。

普段子供といったら道で親子連れを見かけたり、公園で遊んでいたりするのを「へーふーんはーん」と眺めているだけで関わったことがない。

普段女性と関わってなくて男だけでつるんでいる人が女性と関わりあう機会があったらこんな心情になるのだろうか……。などという心情になった。

敬語しゃべったり自分から提案していて「すごい!」という気持ちになった。

父親とは英語で話して、ゲームしているときは日本語で話していて、この年齢からバイリンガルなのかよ~って思った。

 

・もっとホイップを

このボドゲ会でよく出てくる定番でもう何回かやっている。

今回は周りの様子見て食べるのと残すのとのバランスをうまくやれて勝てた。

 

・バグズと仲間たち

やるの二回目。今回は2連続でやったから合計3回やったことになるのか。

リアルタイム手早く神経衰弱。まぎらわしい絵柄を見分けて記憶していく必要がある。

今回はめくった札を元に戻さないで絵柄のある表のままにしてゲームやってく人がいて、インストしてくれた人も特に何も言わなかったんでけれどえっ、これそういうのもOKだっけ???

 

・メテオ

5分間の制限の中でみんなで協力して隕石全部をロケットで破壊するんや!ってゲーム。

本来はゲーム中は話してはいけないらしい(?)。身振り手振りで周りと協力していく必要があり、空気を読むことが大事っぽい。

2回やって、最初は隕石衝突したけど次は地球を救えた。

 

カルカソンヌ

やりたいなーとずっと思っていて今回やれることになったワーイ。

都市とか道とか教会とか陣取りするのはわかったけど、草原ルールがイマイチわからなかった。

あとちょっとで都市が完成するのに、いい感じのタイルを引けなかったりうまく組み合わせてやったーって思ったり。

序盤あまり点数が取れなくて焦って、中盤なんとか他の人に追いつけて、ナントカなった……と思いきや最後の点数計算でうまいぐあいに草原で寝ていた人がぶっちぎりで勝って結局最下位となった。

もっとタイル多いのかと思ってたら案外そうでもなかった。

 

・ラ・グランハ

インスト1時間プレイ2時間で合計3時間くらいかかる重めのやつ。

農場で生産してそれを出荷したり加工したり依頼を達成していって勝利点集めるゲーム。

カードがあってそれを場に出すといろんな効果があるのだが、私が引いたカードはどれもなんかイマイチな効果しかなかったため結局使わなかった(使いどころがわからなかったともいう)。

全部で6回フェイズを繰り返していって、その中でどれだけ出荷して依頼を達成して勝利点を得るのかが決め手となってくる。

ダイス振ってスタートプレイヤーからダイスを選んでいく(ダイス振るの楽しいし選ぶのは悩む)出目によって異なる効果が得られる。

スタートプレイヤー有利じゃんと思ってスタートプレイヤー目指そうと思ったけど結局2回くらいしかなれなかった。

序盤、「私が一番点数高いのでは……?」と思っていたが、ゲームが終了してみるとぜんぜんそんなことはなくて1位の人と20点以上差をつけられて最下位だった。

ルール説明されているときは「ちょっと複雑そう……」と思っていたがゲームが始まって実際にやってみるとまあそんなことなかった。やっていくうちに掴んでいくやつ。