読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副詞

日記

苦しんでる人をさらに苦しめるような言動をする人が嫌い。簡単に気軽に死ねばいいのにって言っちゃえる人が嫌い。社会的に弱い立場にいる人に弱者の権利を振りかざすなと言うような人が嫌い。表面上差別してなければ心の中で差別してもいいだろとわざわざ口に出して言っちゃえる人が嫌い。
どうしてわかろうとすることに少しだけでも心のリソースを割かないのか。どうしてそうかそういう人もいるんだなって思うことができないんだ。
どうしてもわかることができないんなら近寄るのもやめてほしいしわざわざ言及するのもやめてほしい。
そういう人たちがいると考えるだけで、見てしまうだけで心が削られていってしまう。
そういう人たちがいなくなっておだやかな人ばかりになればいいのに。
そっちにわかろうとする義務は無いのかもしれないけど、相手を苦しめる権利も無いんだぞ。

ちなみにこの感情は優しさからじゃなくて、自分の目の前にそういう人があらわれたら絶対に私はその人に苦しめられるに違いないというところからきています。自分の心を守るためにそういう人たちを嫌っているのです。